オーナーボイス&ブログ

ブログ

ソファのこと

犬がソファを掘るのはなぜ?穴掘り対策やソファの選び方をチェック

犬を飼っているご家庭でありがちなことが「犬がソファを掘る…」ということでしょう。バリバリとすさまじい勢いで掘られると、「傷ついてしまう!」とハラハラしてしまうことも。

そこで今回の記事では、犬がソファやクッションを掘る理由と対策法、穴掘りを考慮した製品の選び方についてご紹介していきます。すぐに家具やクッションを掘ってしまう犬を飼っている方は、掘る理由に応じた対策を立ててソファを守りましょう。

 

そもそも犬が穴掘りをするのは何で?

まずは犬が穴掘りをする理由について確認していきましょう。

  • 大切なものを隠すため
  • 本能的に土を掘る習性がある
  • ストレスを解消したい

犬にとって穴掘りは、オオカミ時代からの習性のひとつ。大切なものを土の中に隠すときや、安心できる寝床を作るために穴掘りをします。ただしペットがソファやクッションで穴掘りをする場合、運動不足や周囲の環境、散歩の少なさによってストレスを感じていたり、安心感を得たいという気持ちの現れであったりすることもあります。

 

そもそも犬が穴掘りをするのは何で?

それでは、なぜ犬は土ではないところまで掘ろうとするのでしょうか。理由はさまざまですが、代表的な6つの理由をご紹介します。

気に入る形にして安心感を得たいから

眠る前に掘っているなら、掘ることで自分の気に入る形にして安心感を得たいという心理から掘っているのでしょう。犬は自分の寝床を、自分の居心地の良い形にしようとします。野生の時代に穴を掘って眠っていた頃の習性が残っているので、眠る前に掘って、自分の安心できる形に整えたいと思うのです。

掘ったときの匂いで安心感を得たいから

眠る前に掘るもう一つの理由が、舞い上がる匂いで安心感を得たいというものです。掘る仕草によって周りに匂いが舞い上がると、犬は安心して眠ることができるそうです。気に入った形にしたいという理由も含めて、眠る前に掘っているのであれば、「安心して眠りたい」という気持ちが強いのでしょう。

大切なものを隠したい気持ちがあるから

おもちゃやおやつをもらった後にソファを掘る犬は、「大切だから隠しておきたい」という気持ちで掘っていると言われています。犬が土の中にお気に入りのものを隠すことはよく知られていますが、同じことをソファやクッションでしようとしているから掘るのです。

遊んで暇つぶしをしたいから

特に理由もなく、暇つぶしや遊びとしてクッションなどを掘ってしまう犬もいます。眠たくもないようなのに、長時間に渡りずっと掘り続けているなら遊んでいるのかもしれません。遊びとして掘ること自体を楽しんでいるという状態です。

飼い主さんの気を引きたいから

犬がクッションなどを掘るときは、飼い主さんの気を引きたい場合もあります。飼い主さんから見えるように掘っているなら、「ストレスが溜まっている」というアピールである可能性も…。散歩の時間が短く運動不足になっている犬なら、溜まったストレスを解消したいという気持ちから飼い主さんの気を引きたがります。

マーキングしたいから

おしっこをした後で後ろ足を使って掘ろうとしているなら、マーキングのために掘っている可能性もあります。マーキングはオス犬に見られる行動です。「他の犬に存在を知らせたい」という犬本来の習性からつい掘ってしまうのでしょう。

 

犬がソファなどを掘る場合の対策

「ソファを掘るとボロボロになって困る…」という方も多いと思います。それでは、犬に掘るのを止めさせるためにはどのような対策を取るべきなのでしょうか。簡単に取り組める対策方法をご紹介します。

犬が安心できる寝床を用意してあげる

まず、犬が安心できる寝床を用意してあげることが大切です。眠ろうとして掘っているなら、自分の寝床の居心地がイマイチだと感じられている可能性があります。ソファやクッションより居心地が良いと感じられる寝床を準備してあげれば、掘ってしまうこともなく自分の寝床で寝ようとしてくれるはず。

寝床のクッション性や温かさだけでなく、匂いも居心地の良さにつながります。犬の体を拭いた後のタオルなどを敷いてあげると、安心して眠れるようになるでしょう。

犬が嫌がるようなカバーをかける

ソファに犬が嫌がるようなカバーをかけることもひとつの方法です。ひんやりとした冷寒素材のカバーは、犬にとって居心地が良くないと感じられることが多いようです。その他、愛犬が好まない素材を使ったカバーをかければ寝床として使わなくなり、結果的に掘らなくなることがあります。

犬をソファやクッションに近づかせない

ソファやクッションを掘らせないためには、近づかせないことがいちばんです。ソファのある部屋の中に犬を入れないようにしたり、柵で犬と人の空間を区切ったりすることも効果があります。ひとつ前にご紹介した犬が嫌がるカバーをかける方法と併用して、ソファに上がらせないようにしましょう。

犬の生活環境を改善してあげる

犬にストレスが溜まっているようなら、生活環境を改善してあげることも大切な対策法です。飼い主さんからの接し方や散歩の回数・時間、遊んであげる頻度、同居ペットとの関係性、周辺の騒音など…考えられるストレスの原因はさまざまですが、できる限り犬が快適に暮らせる環境を作ってあげれば自然と家具を掘る回数も減っていくかもしれません。

穴掘りをしてもよい場所を作る

穴掘りをしても良い場所を作ってあげると、ソファへの穴掘りをしなくなることもあります。庭がある家であれば花壇以外の土があるところで良いでしょうし、庭がない家であれば穴掘り専用のクッションを用意してみてはいかがでしょうか。

犬のお気に入りのおもちゃやおやつを、穴掘りをしても良い場所に埋めておいて、埋めた場所を掘ったら犬を思い切り褒めてあげましょう。褒められると掘っても良い場所だけを掘るようになってくれるかもしれません。

遊びや散歩の時間を増やしてあげる

運動不足ぎみであれば、遊びや散歩の時間を増やして、穴掘りに費やすしかなかったエネルギーを発散させて上げてください。暇つぶしのために掘っている場合にも効果的です。体を動かすことは犬にとって効果的なストレス発散方法になるので、遊びや散歩の時間を増やせば家の中で掘ることもなくなるはずです。

ソファを掘らないようにしつける

ご紹介してきた対策方法とともに、ソファやクッションを掘らないようにしつけることも大切です。おもちゃやおやつで注意をそらして掘ることを止めさせる方法もありますが、掘っておもちゃやおやつがもらえるということがわかると、おもちゃやおやつを貰うために掘るようになってしまうことも…。

ソファに乗ってはいけないこと、掘ってはいけないことをしっかりと覚えてもらうために、効果的なしつけを並行して行っていきましょう。

 

穴掘りを考慮したソファ選びのポイント

すぐに穴堀りをしようとする愛犬と一緒に暮らすためには、穴掘りを考慮してソファを選びましょう。基本となる選び方のポイントは…。

  • 傷つきにくく耐久性の高い生地で作られている
  • 汚れても掃除がしやすい生地で作られている
  • カバーを自宅で洗濯できる製品

穴掘りをする愛犬を飼っているなら、耐久性の高い生地を使っていることが大前提となります。掘っても傷がつきにくい生地で作られていれば、飼い主さんがハラハラしてしまうこともなくなるでしょう。

そして、ペットを飼っているご家庭全般におすすめする選び方のポイントは、汚れても掃除がしやすいことと、自宅でカバーを洗濯できることの2点。ペットがいるとどうしても家具が汚れてしまいがちなので、水分や汚れを吸収しやすい生地や、自宅で洗濯できないカバーが一体化している「張り込み仕様」の製品は避けるようにしてください。

おすすめのソファの条件とは?

穴掘りを考慮したソファ選びのポイントを考えた上でのおすすめ製品の条件とは…。

  • 合皮・ポリエステル素材の生地で作られている
  • ペット対応生地で作られている
  • 撥水加工が施されている
  • カバーリング仕様である

ペットがいるご家庭で安心してお使いいただくなら、掃除がしやすく耐久性が高い合皮かポリエステルの生地で作られているソファをおすすめします。ペット対応生地であったり、撥水加工が施されていたりするとなお理想的です。カバーが取り外し可能なカバーリング仕様の製品なら、ペットが汚してしまってもすぐに洗えます。

理想のソファを手に入れるならオーダーがおすすめ

ペットがいるご家庭へのおすすめソファの条件を満たした理想の製品を手に入れるなら、オーダーメイドで作られることをおすすめします。たとえ条件を満たした製品があったとしても、デザインや色、サイズがイマイチであれば残念なものです。

しかしオーダーメイドであれば、生地・色・デザイン・サイズ・クッション性など…さまざまな項目をお好きなようにカスタマイズしていただけます。愛犬との暮らしをより快適なものにするためには、オーダーソファをご検討されてはいかがでしょうか。

 

犬がソファを掘るなら適切な対策とソファ選びがポイント!

「犬がソファを掘る…」とお困りなら、掘ってしまう理由に応じた適切な対策を行うことと、ソファの選び方がポイントとなります。ご紹介したように、犬が掘る理由はさまざまです。まずは理由を解明して、原因を解消するための対策を立てましょう。

そして、愛犬とより快適に暮らすためには、穴掘りをしてもダメージが少ない製品を選んでください。オーダーソファであれば、デザイン・生地・サイズ・色など、お好みに応じてカスタマイズできるので、理想の一脚が実現するはずです。

どのようなソファを選べばよいのか迷っているあなたへ。

使い古したソファの処分を考えているなら、新しいソファの購入も検討しているのではないでしょうか?ところで、次に使うソファは、どんな基準で選びますか?
価格ブランド素材デザイン座り心地など、人によってニーズも様々ですし、そのニーズに応えるべく、ソファの種類も豊富です。
お店や通販サイトを見て、「あれも、これも」とたくさん見られますが、色々と検討してみた結果、

「結局、どのソファを選んでよいのか迷ってしまう…」
「自分に合うソファって、どんなソファなのだろう…」

と、なかなか選ぶことができず、購入まで至らないまま、足踏み状態の方も多いのではないでしょうか?また、気に入って選んでみたものの、日常生活の中で使ってみると、「座り心地がフィットしなくて、どうもしっくりこない…」という方もいらっしゃいます。

くつろぎをオーダーメイドする、という選択。

年齢、体格、ライフスタイルに合わせて、自分によりフィットしたソファを探したいなら、「自分だけのくつろぎをオーダーメイドする」という選択があります。

オーダーメイドソファの専門店「ブロッコ」では、既に出来上がったソファではなく、あなたの体格好みの座り心地(座部・背もたれ)生地(機能・素材・カラー)脚の自由な組み合わせお部屋に合うサイズ調整まで、細やかなオーダーに対応しています。つまり、あなたの体にぴったりフィットした「世界に一つだけの自分仕様のソファ」が作れます。例えば、オーダーメイドするなら、こんなソファができます。

背もたれの高さをカスタマイズしたソファ

背もたれの高さをカスタマイズしたソファ

ペットと一緒にくつろげるソファ

ペットと一緒にくつろげるソファ

小さな子供と一緒に過ごせるソファ

小さな子供と一緒に過ごせるソファ

自分や家族、ペットとくつろげるソファでリッチなリビング空間を作ってみませんか?

Others
SITE CONTENT

お問い合わせ

個人のお客さまはもちろん、
法人さまからのご相談も受け付けております。

blocco ONLINE SHOP WEB購入をご希望の方は、
オンラインストアをご覧ください

オンラインストア

お問い合わせフォーム

お問い合わせ種別
お名前
フリガナ
メールアドレス
郵便番号
住所
ご検討中の商品
bloccoを
知ったきっかけ
お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

011-522-7212

総合受付/サッポロファクトリー店
10:00-20:00(12/31のみ休館)