オーナーボイス&ブログ

ブログ

読書が快適になるソファとは。どんなソファが読書に向いているのか徹底解説。

「ソファで読書をしたい…!」と考えている方は、ソファの選び方を知っておく必要があります。どんなソファが読書に向いているのか気になる方も多いでしょう。
 
この記事を読めば以下のポイントがわかります。

  • どんなソファが読書に向いているのか。
  • おすすめのソファタイプ
  • 読書タイムがさらに快適になるアイテム

読書に最適な環境を作りたい方はぜひチェックしてください。
 

それぞれ説明していきます。

読書が快適になる姿勢について

快適な読書タイムに大きく影響するのは読書中の姿勢です。家にいる時間であれば、椅子やソファに座って読書をする人がほとんどでしょう。座って読書をする場合は、正しい姿勢を意識する必要があります。
 
まずは、快適に読書を行うための姿勢のポイントを解説しましょう。
 

<快適に読書をする姿勢とは>

  1. 顎を引く
  2. 座面に深く腰掛ける
  3. 膝の角度は90度
  4. 骨盤は正しい位置にする

それぞれ説明していきます。
 

顎を引く

首への負担を軽減させるには、顎を引いて首を前に出さない姿勢の維持が大切です。
ソファに座って読書をしていると、どうしても視線が下がってしまいがちです。しかし、視線が下がれば下がるほど顔も下に向いてしまうため、首への負担が大きくなります。首への過剰な負荷は疲れを感じやすくなり、読書を長時間続けることはできません。
 

座面に深く腰掛ける

読書をする際はできるだけ座面に深く腰掛けることが大切です。
「椅子に浅く腰掛け、背筋を伸ばす姿勢」はモデル座りとも呼ばれ、多くの女性が意識している姿勢です。しかし、このモデル座りは腰への負担が大きいため、読書やデスクワークには向いていないことが分かっています。
 
座面に浅く腰掛けると体重を足の付け根と座骨の部分で支えることとなり、太ももの裏に圧力がかかります。結果的に足の血流が悪くなり、むくみを引き起こします。さらに、上半身の体重が分散されず不安定になるため、反り腰を引き起こす可能性もあるのです。
体幹や下半身の筋肉が丈夫な方であれば、モデル座りをしても大きな問題はありません。しかし、無理にモデル座りを心がけるとかえって身体を痛めることがあるため注意が必要です。
 

膝の角度は90度

座面に深く腰掛けることと関連するポイントではありますが、座った際は膝の角度が90度になることが読書に望ましい姿勢です。
座った際の膝の角度が90度になれば、足の裏全体が地面にしっかりと密着するため上半身の体重を分散させることができます。長時間座っていても身体への負担を最小限に止めることができるのです。
 

骨盤は正しい位置にする

疲れない姿勢を作るためには骨盤を正しい位置にすることを心がけましょう。
背筋をぐっと伸ばすことで骨盤が正しい位置になり、背骨のS字カーブを自然に保つことができます。骨盤の歪みや疲れを予防し、長時間の読書にも集中することが可能です。

読書に向いているソファの選び方

快適な読書タイムを確保するためには姿勢が大切であることがわかりました。正しい姿勢を維持するには自分自身の心がけだけでなく、ソファの選び方も大きく影響します。
 
ここからは読書に向いているソファの選び方を解説しましょう。
 

<読書に向いているソファの選び方のポイント>

 
それぞれ説明していきます。
 

自分の身長に合った座面の高さ

前述した「読書に適した姿勢」として、膝の角度を90度にすることが大切だとお話ししました。膝の角度を90度にするためには、自分の身長に合った高さのソファを選択することが大切です。座面は高すぎても低すぎても身体に負担がかかってしまうので、実際に座って確かめるといいでしょう。座面の高さを調節できるソファもおすすめです。
 

背もたれが高いもの

読書をする際は、頭や首の重さを預けることのできる背もたれが高いソファを選択しましょう。
 
人間の頭の重さは体重の約10%であると言われています。読書の際は頭が下がってしまいがちなので、頭の重さを首が一生懸命支えている状態です。長時間その状態が続いてしまうと首こり・肩こりを引き起こし、体調の悪化にも繋がります。また、背もたれの高いものは座り心地が良く、安心感を与えてくれる点も特徴的です。
 

肘掛けがある

読書の際に使用するソファは肘掛けがあるものがおすすめです。
人間の両腕の重さは体重の約17%程度であると言われています。本を持つ両腕をキープし続けることは難しく、腕や肩の疲れを引き起こします。
本を持っている腕の重みを預けることができる肘掛けがあるソファの場合は、身体の重さを分散させることができ、身体への負担を軽減することが可能です。
 
特に、長時間の読書をする場合、肘掛けの有無では快適さが大きく異なるため、ぜひ肘掛けのあるソファを探してみてください。

硬すぎず柔らかすぎない座り心地

読書に適したソファの座面は柔らかすぎず硬すぎない材質がおすすめです。
 
座面が柔らかすぎる場合、体圧分散には向いている反面で姿勢が崩れやすくなるデメリットがあります。姿勢維持のために不要な筋肉を使う状態となるため、読書には不向きです。
対して硬すぎる座面の場合は、お尻や腰への負担が大きくなるため注意が必要です。適度に硬く、クッション性のある座面のソファを選択しましょう。
 

読書におすすめのソファのタイプ

前項で解説した、読書に最適なソファのポイントを重視したおすすめのソファタイプをご紹介します。読書に向いているソファといってもその種類は幅広いので、自分に合ったものを選択してみるといいでしょう。
 
<読書に最適なおすすめソファタイプ>

 
それぞれ説明していきます。
 

リクライニングタイプ

背もたれの角度調整ができるリクライニングタイプのソファは読書に最適です。読書の際は背筋をぐっと伸ばした姿勢が望ましいですが、読書以外の時間もずっと背筋を伸ばしているのは辛いでしょう。
 
リクライニングタイプのソファは、読書の時間やそれ以外の時間で背もたれの角度を変えることができるため、さまざまなシーンで活用することができます。読書に疲れたら背もたれを倒してリラックスすることも。仮眠にもおすすめです。
 

肘掛けタイプ

前述したように、本を持つ腕を支えることのできる肘掛けタイプのソファは読書に向いています。肘を置くことで身体の負担が軽減されるため、読書用にソファを購入する場合は肘掛けのあるものを選択しましょう。
 
肘掛けタイプと言っても、肘置き部分に木の素材を使っているものや、ファブリックなどソフトな素材を使っているものなどさまざまです。肘置きの素材も含め、自分が読書をする際に愛用できるソファを選択してみるといいですよ。
 

ハイバックタイプ

背もたれの高いハイバックタイプのソファは、長時間の読書でも負担のない姿勢をキープすることができます。背中を預けることができるのでリラックス効果も抜群です。高級感のある印象で、優雅な読書時間の演出にも向いています。
 
ハイバックソファは柔らかい素材を使っているものも多いので、できるだけ程よい硬さのソファを選択しましょう。背もたれの角度も倒れすぎていないものがおすすめです。
 

オットマン付きタイプ

オットマンとは足置き用のソファです。どれだけ正しい姿勢を心がけていても、長時間座っていると足の血流が悪くなり、足のむくみを生じさせてしまいます。また、エコノミー症候群などを発症させる原因ともなるため、適度に足を伸ばさなければなりません。
 
オットマン付きタイプのソファであれば座りっぱなしを避けることができ、インテリアとしても活用が可能です。

更に読書が快適になるアイテム

読書時間を快適にするためには、ソファの選び方は非常に重要です。しかし、それ以外にも読書時間を充実させるアイテムがあることをご存知でしょうか?
 
更なる快適さを求めたい読書家の方におすすめのアイテムをご紹介します。アイテムを取り入れることで更に快適な読書タイムを過ごすことが可能です。ぜひチェックしてみてください。
 
<読書家の方におすすめのアイテム3選>

 

クッション

肘置きがないタイプのソファを選択した場合は、クッションなどを肘置きとして使うことができます。また、ソファと背中の間にクッションを挟むことで負担のない姿勢をキープすることも可能です。大きめのクッションであれば、足置きとして活用することもできますよ。
 

照明

読書をする際に気をつけたいのは眼精疲労。眼精疲労を避けるためには、適度な照明で視界を照らすことが大切です。ソファで読書をする場合は床に置いて使うことのできるフロアライトがおすすめです。ソファーテーブルがある場合はデスクライトも活用できます。
 

ソファーテーブル

本を読みながらコーヒーなどの飲み物を手元に置いておきたい場合は、ソファーテーブルがおすすめです。本を汚す心配もなく、デスクライトやスマホを置くことにも役立ちます。
最近では、ベッドソファなどの上で使える簡易的なテーブルもあるのでぜひチェックしてみてください。

まとめ

快適な読書タイムを作り上げるおすすめのソファやアイテムについて解説しました。ソファの好みは人それぞれなので、今回解説した内容を元に自分にぴったりなソファを探してみるといいでしょう。
 
素敵な読書タイムを過ごしてくださいね。

Others
SITE CONTENT

お問い合わせ

個人のお客さまはもちろん、
法人さまからのご相談も受け付けております。

blocco ONLINE SHOP WEB購入をご希望の方は、
オンラインストアをご覧ください

オンラインストア

お問い合わせフォーム

お問い合わせ種別
お名前
フリガナ
メールアドレス
郵便番号
住所
ご検討中の商品
bloccoを
知ったきっかけ
お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

011-522-7212

総合受付/サッポロファクトリー店
10:00-20:00(12/31のみ休館)