オーナーボイス&ブログ

ブログ

ソファのこと

腰の負担を減らすには?「腰痛持ち」の方にお薦めなのはこんなソファ

腰痛に悩まれている方にとって、腰から上の体重をすべて腰で支える「座る」という動作は大きな負担に。お客さまから「どんなソファを選ぶと腰への負担が少ないですか」という質問をよくいただきます。今回は、腰痛持ちの方に知っていただきたい、選び方や使い方のポイントをお伝えします。

姿勢が崩れない座面の奥行

腰痛によいとされるのは、猫背にならずに骨盤がまっすぐ立つ座り方。長い時間座っていてもこの座り方が維持できるソファが、腰に負担をかけないソファだと言えます。

そのために大切なのは「座面の奥行きが広すぎないこと」。奥行きがあると自然に浅くかけることになり、いつの間にか体が後ろへと倒れてしまい、腰に負担がかかることに。

ご夫婦で体格が違ったり、どちらか片方だけが腰痛持ちというような場合は、背もたれに大きめのクッションをいれるとよいですよ。

立ち上がりやすい高さ

座面が低すぎるソファに座ると、膝に対して腰がより深く沈み込むために、立ち上がる時に一苦労。ももと膝が直角になる高さか、またはそれより少しだけ高めだと、スムーズに立ち上がれます。

適度な硬さと弾力

座面が柔らかいと座っているうちに姿勢がくずれたり、腰が沈み込んでいくため、腰に負担がかかります。座面は硬めのほうがお薦めです。

ただし、硬すぎると今度は体の重さが分散されないという問題が出てきて、やはり疲れやすく…。ある程度の硬さは持ちながらも、適度な弾力があってしっかりと腰を支えてくれるソファなら座り心地もよく、長時間きれいな姿勢のままで座っていられます。それを実現してくれるのは、やはり高密度・高弾力の国産ウレタンやクッションということになります。

できれば30分以上、「家で過ごすような姿勢」で試して!

 

これまで見てきたように、腰痛のある方にとっては特に「長い時間座っていられること」がソファ選びの大切な要素になります。お店で座り心地を試す時にも、できれば30分以上座って、使用感の変化を確認できれば安心です。「お店だから!」と言ってお行儀よく座るより、家庭で過ごすのと同じ姿勢で座ればなお安心。ちなみに、腰痛以外に膝の痛みで悩まれている方には、膝を伸ばして座れるカウチソファやオットマンがお薦めです。


 

Others
SITE CONTENT

購入・お問い合わせ

オーダーソファ「ブロッコ」の購入・お問い合わせを承ります。
ご希望商品、サイズ、カラー等お問い合わせください。
お問い合わせ内容を確認後、当店スタッフよりヒアリングのご連絡をさせていただきます。

北海道~関東 送料無料※その他エリアは送料別途

個人のお客さまはもちろん、
法人さまからのご相談も受け付けております。

  • お問い合わせフォーム
  • LINE@でご相談

お問い合わせフォーム

お問い合わせ種別
購入ご希望商品※複数選択可
購入ご希望内容・
お問い合わせ
お名前
フリガナ
電話番号
郵便番号
住所
メールアドレス
お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
011-522-7212

総合受付/サッポロファクトリー店
10:00-20:00(12/31のみ休館)

LINE@でご相談

QRコード

blocco公式LINE@で気軽になんでも相談!

ちょっとした疑問やご相談など公式LINE@で気軽にお問い合わせください。
各店舗のお得情報や最新トピックスなども随時配信しております。

LINE@登録で来店プレゼントがもらえる、オリジナルノベルティクーポン配布中!

お電話でのお問い合わせ
011-522-7212

総合受付/サッポロファクトリー店
10:00-20:00(12/31のみ休館)