オーナーボイス&ブログ

ブログ

ソファのこと

奥行の深いソファと浅いソファ徹底比較。それぞれのメリットとは。

ソファの奥行きの違いは、座り心地だけでなく、部屋のレイアウトや、体に合っているかなど様々なことに関係します。もしソファの奥行きに不具合を感じてしまうと、ソファを快適に利用できないだけでなく、座ることさえしなくなるかもしれません。

 

では「奥行きが深いソファ」と「奥行きが浅いソファ」には、どのような違いがあり、どのようなメリット・デメリットに繋がるのでしょうか。また利用目的にあった、ソファの奥行きについても理解する必要があります。

 

こちらの記事では、そんな「ソファの奥行き」について詳しくお伝えしていきます。
ぜひ最適な奥行きのソファを選んで、快適なソファ生活を送っていきましょう。

 

それぞれ詳しくお伝えしていきます。

ソファの奥行きとは

まず奥行きとは、ソファの前面から背もたれまでを言います。ソファ全体のサイズとして「奥行き」を表示されることがありますが、こちらの記事でお伝えする奥行きは、座面(座る部分)を指します。

 

ソファの奥行きは、コンパクトなソファだと40㎝ほどから、深いソファだと80㎝を超えるソファまで幅広くあり、デザインやスタイルもさまざまです。ソファの奥行きが深い、または浅いといった規定は特にありませんが、目安は次のようになります。

 

<奥行きが深いソファの目安>

奥行きが60㎝以上のソファ

 

<奥行きが浅いソファの目安>

奥行きが53㎝以下のソファ

 

座る人の身長や、座った人の感覚にもよるので、1つの目安程度に留めておきましょう。

 

では「奥行きが深いソファ」と「奥行きが浅いソファ」の違いや特徴を理解するために、それぞれのメリットとデメリットをご覧ください。

奥行きの深いソファのメリットとデメリット

奥行きの深いソファは、ゆっくりとくつろぐことができるので、リラックスした時間が過ごせます。そのため、家庭のリビングなどに最適といえるでしょう。
ではそんな奥行きが深いソファのメリット・デメリットをご紹介します。

 

奥行きが深いソファのメリット

奥行きの深いソファには、次のようなメリットがあります。

  • さまざまな体勢で利用できる
  • 背の高い方が楽に座れる

それぞれ見ていきましょう。

 

<さまざまな体勢で利用できる>

ソファの奥行きが深いと、それだけ座面が広くなるので、さまざまな体勢がとりやすくなります。例えば、あぐらをかいて座ったり、膝をかかえて座ったり、また横に寝そべる体勢も楽にできます。

さまざまな体勢がとりやすいソファは、長い時間利用していても疲れません。同じ体勢を長く続けると特定の場所に負担がかかりますが、体勢を変えることでその負担を軽減できるからです。

 

そのため奥行きの深いソファは、長い時間ソファでくつろぎたい方におすすめと言えます。

  • くつろぎながらおしゃべりを楽しむ
  • ソファでゆったりと読書をする
  • ソファでテレビやDVDを長い時間観る
  • ソファで仮眠をとる

ソファの奥行きを利用して、リラックスした時間を過ごしましょう。

 

<背の高い方が楽に座れる>

奥行きの深いソファは、背の高い方にもおすすめです。背の高い方は足が長いので、通常のソファでは、太ももの裏をしっかりと座面に乗せることができません。太ももが途中までしか座面に乗っていないと、膝から下でカバーすることになるので、足が疲れてしまいます。

 

しかし背の高い方に合わせてソファを選ぶと、背が高くない家族にとっては不便かもしれません。正面を向いて座ったとき、背もたれに体を預けにくくなってしまいますし、背もたれを利用すると中途半端に足が上ってしまいます。そんな場合は、大きめのクッションを利用すると体勢がとりやすくなります。
背の高い家族も快適に過ごせるソファで、家族の団らんを楽しみましょう。

 

奥行きが深いソファのデメリット

奥行きの深いソファのデメリットは、立ったり座ったりがしにくいことです。座面に深く腰を収めると、背もたれに体を預けやすくなるので、後ろに重心がかかった状態になります。その状態から体を起こして立ち上がろうとすると、かなりの力が必要になります。

 

また立った状態からソファに座ると、座る位置が浅くなりがちなので、座り直しが必要です。少しの力と、少しの手間になりますが、体を動かしにくいご老人や、頻繁に立ったり座ったりする方にとっては、快適に感じられないかもしれません。

奥行きが浅いソファのメリットとデメリット

ソファの奥行きが浅いタイプは、コンパクトで、座り心地もしっかりとした印象です。そんな奥行きが浅いソファの、メリットとデメリットを見ていきましょう。

奥行きが浅いソファのメリット

奥行きの浅いソファのメリットは、次の2つです。

  • 正しい姿勢を保ちやすい
  • 狭い部屋にもレイアウトしやすい

それぞれお伝えします。

 

<正しい姿勢を保ちやすい>

奥行きの浅いソファは、自然と正しい姿勢を保ちやすくなります。背もたれが後ろに倒れすぎていないデザインが多いので、背もたれに寄りかかっても骨盤を起こした状態が保ちやすくなるからです。

 

さらに浅く座るソファは座面が太もも部分を支え切らないので、足をしっかりと床につけてバランスをとる必要があります。そのため重心が後ろにかかり過ぎないのも、正しい姿勢が保たれる理由といえるでしょう。また正しい姿勢からなら立ち上がりも楽にできます。

 

ソファの奥行きが浅いソファは、正しい姿勢を保ちやすいことから、次のようなケースに最適です。

  • 腰痛をおもちの方
  • お客様をもてなすシーンでの利用
  • ソファを利用して食事をする場合

最近は、ダイニングテーブルにソファをレイアウトするスタイルも増えてきました。奥行きの浅いソファであれば、正しい姿勢で食事をすることができます。

 

<狭い部屋にもレイアウトしやすい>

奥行きの浅いソファは、背もたれ部分を含めてもコンパクトなので、狭い部屋でも利用ができます。リビングだけでなく書斎や寝室、子ども部屋などにもレイアウトがしやすいでしょう。ソファがコンパクトであれば、通路やスペースを確保しやすいので生活動線をさえぎらずに済みます。

 

奥行きが浅いソファのデメリット

奥行きの浅いソファのデメリットは、くつろぎにくいということです。奥行きが浅い分、座面が狭くなるので、基本的に足をおろして座ることになります。体勢が変えづらいので、長い時間過ごすには疲れやすく感じるでしょう。

 

ソファの利用目的が、リラックスした時間を過ごすことや、家族でくつろぐことであれば、快適とは感じられないかもしれません。

まとめ

ソファの奥行きが深いソファと、奥行きが狭いソファには、さまざまなメリット・デメリットがあります。また、奥行きの深いソファのデメリットが、奥行きの浅いソファのメリットとなることもあります。

【奥行きが深いソファ】
  • あぐらをかいたり、横になったりと体勢を変えやすいので、長時間過ごしやすい
  • 座面に足が収まりやすくなるので、長身の方にも楽に座れる
  • 重心が後ろにかかりやすいので、立ったり座ったりがしにくい
【奥行きが浅いソファ】
  • 正しい姿勢を保ちやすいので、腰痛がある方への負担が少ない
  • コンパクトなので、狭い部屋にもレイアウトしやすい
  • 座面が狭いので、足をおろした姿勢しかとれずくつろげない

どちらがいい悪いではなく、利用目的や部屋の広さ、体型などにあっているかを検討してみましょう。

Others
SITE CONTENT

お問い合わせ

個人のお客さまはもちろん、
法人さまからのご相談も受け付けております。

blocco ONLINE SHOP WEB購入をご希望の方は、
オンラインストアをご覧ください

オンラインストア

お問い合わせフォーム

お問い合わせ種別
お名前
フリガナ
メールアドレス
郵便番号
住所
ご検討中の商品
bloccoを
知ったきっかけ
お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

011-522-7212

総合受付/サッポロファクトリー店
10:00-20:00(12/31のみ休館)