オーナーボイス&ブログ

ブログ

ソファのこと

ソファからギシギシ音鳴りがする。ソファの音鳴りの原因と対処法。ソファ購入時の回避法も解説。

お気に入りのソファがギシギシと音鳴りをしだしたら、快適なソファ生活は一変して不快なものになりかねません。
 
座った時、立ち上がった時、体勢を少し変えただけでもギシギシと……リラックスしたいのに気になってしまいます。できることなら音鳴りを解消して、快適な時間を取り戻したいですよね。
 
こちらの記事では、ソファがギシギシと音鳴りする原因や対策、これから購入する際の回避法などを詳しくお伝えします。ぜひ参考にして、快適なソファ生活にお役立てください。
 

それぞれ詳しくお伝えしていきます。

ソファがギシギシと音鳴りする原因とは

座面下の金属バネが原因で音鳴りがするケース

ソファの座面下には、座り心地をよくするための構造が施されています。安価なソファはウレタンのみのものもありますが、金属でできたバネ(スプリング)や、ゴムバンドなどを利用してクッション性を高めているものがほとんどです。
 
その中でも金属でできたバネは、音鳴りを起こしてしまう原因になる場合があります。

  • 金属バネの接合部分が擦れて音が鳴る
  • 金属バネが他のパーツにぶつかって音が鳴る
  • 金属バネが錆びてしまって音が鳴る
  • 金属バネの油切れ

ここにあげた音鳴りの原因は、金属バネの経年劣化が根源です。特に経年劣化を急速に進行させるのは、お子様がソファの上で跳ねて遊ぶことが挙げられます。座る以外の使い方は避けましょう。
 
ソファの構造上、簡単には内部を見ることができず個人レベルでは詳細の確認ができません。ソファ生地をタッカーなどでしっかりと止めているものがほとんどなので、外そうとするとケガをする危険性があります。さらに内部を確認して油をさしたり、バネの歪みを整えられたとしても、ソファ生地を元のように張ることは難しいでしょう。

ソファの木枠が原因で音鳴りするケース

ソファの骨組みは木材で組まれているものが多くあります。木のパーツ同士の接合部分や、木とその他のパーツ部分が擦れ合ってギシギシと音鳴りを起こすことがあります。

  • 木の接着部分が甘く木材同士が擦れあって音が鳴る
  • ソファ全体が歪んで、木のつなぎ目が擦れあって音が鳴る
  • ソファ全体が歪んで、木枠と接近のパーツがあたって音が鳴る

特に3人掛けのソファなどは横に長くなるので、4本の脚で支えようとすると、真ん中部分にしなりができてしまうこともあります。ソファに座る人数分の体重が負荷になるので、木枠の精度や強度が重要になります。
 
外からは見えない部分なので安価なソファなどでは軽視しがちです。しっかりとした強度がなければ経年劣化が進行が早まります。とはいえ金属バネ同様、内部を確認するのは危険なので控えてください。ソファを購入した店舗や専門業者に、依頼すると修理や調整が可能な場合もあります。

ソファの脚が床に擦れて音鳴りがするケース

ソファに座った時、立った時にソファの脚が床に擦れて、ギシギシと音鳴りする場合があります。設置時に脚に貼ったフェルトが擦れて減ったり剥がれたりして、脚の素材がむき出しになってる場合に起こることがあります。
 
特に3人掛けなど長さのあるソファでは、座ったときにしなるのでソファの左右の脚がハの字に開き、床と擦れて音が鳴ることがあります。元々のデザインが「ハの字」に脚がついているソファは、使用している内に脚の付け根が緩んでしまい、ソファが動くたびにズレが生じます。
 
脚の締め直しや付け替えで解消できる場合もありますが、ソファの本体部分の緩みや歪みからくる場合は、修繕の規模も大きくなりかねません。

ソファを置いている、床が音鳴りを起こしてるケース

ソファの劣化が原因ではなく、ソファを置いている床がきしんでいる場合があります。床が木製のフローリングの場合、意外に多いケースです。ソファを置いていた床部分を軽く踏んで音鳴りがしないか確認してみましょう。もし床がギシギシと音鳴りする場合は、ソファに原因がないかもしれません。ソファを別の場所に置いて音が鳴らない場合は、床に原因がある可能性が高いです。
 
この場合は、ソファのレイアウトを変えたり、脚に大きめのフェルトなどクッション材をつけることで解決できます。ソファの下全体にラグを敷くのも大変おすすめです。ソファのズレ防止にも役立つので、キズなどからも床を守ることができます。
 
ソファの下にラグを敷く必要性や、サイズなどについてはコチラの記事を参考にしてください。
 
>>>ソファに合わせる最適なラグマットのサイズとは。ラグマットの必要性もご紹介。

ソファがギシギシと音鳴りした時の対策とは

ソファに座ったり、ソファから立ったりするたびに、ギシギシと音鳴りするのは快適ではありません。一度音鳴りをし始めたソファは、自然に解消することはおろか、次第にその音は大きくなっていくもあります。
 
ソファがギシギシと音鳴りした時の対策は以下のことを試してみてください。

  • ソファの置き場所を変えて試してみる。
  • ソファのすべての脚の下にフェルトや布を挟んで試してみる。

音鳴りが解消されたのであれば、ソファ自体に異常はありません。一方、試しても音が鳴る場合はソファに何らかの異常が発生している可能性があります。
 
音鳴りの対策は、購入店や専門業者に修理が可能か見積りを依頼するのが最善です。
 
ソファの歪みやバネの劣化が進み過ぎると、修繕が更に難しくなるので、気になりだしたらすぐに問い合わせすることをおすすめします。

ソファを購入する時の回避法とは

ソファの音鳴りの修理ができなかったり、その他の劣化もあって買い替えを検討される方もいらっしゃると思います。ソファは実用品なので、ある程度の経年劣化は仕方ありませんが、少しでも音鳴りしにくいソファを選ぶことで長く愛用することができます。
 
音鳴りのしにくいソファ選びのコツを確認していきましょう。

金属バネを使用していないソファを選ぶ

先述したように音鳴りの原因の一つに、金属バネの劣化があげられます。一般的なソファには金属バネが使用されていることが多いですが、金属バネを使っていないソファを選ぶことで、音鳴りの根源のひとつを回避できます。
 
bloccoのソファのほとんどは、座面の耐久性・クッション性を高めるために、高級素材「ダイメトロール」(米デュポン社製)を使用しています。ダイメトロールとは、特殊なポリエステルエラストマー(プラスチックとゴムの間の素材)を布状に織ったもので、適度な柔らかさと反発力があり快適な座り心地を実現しています。布製なので摩擦などの音鳴りがしないことはもちろんのこと、軽いのでソファ全体の軽量化にも貢献します。湿気の多い日本の気候でも、金属のように錆びたり折れたりすることもなく、高い耐久性があるのでメンテナンスがほとんど必要ありません。
 
ソファを買い替えるときは、どんなバネ材を使用しているか確認すると良いでしょう。

メンテナンス可能な販売店からソファを購入する

ソファを購入する際は、メンテナンスが可能なメーカーからの購入をおすすめします。
 
クッション材に、ダイメトロールを利用しているソファを選ぶことで、金属バネの原因は回避できましたが、木枠の劣化などについては購入時に判断しづらいものです。ましてや木枠が見えない部分なので確認ができません。因みに金属で枠組みされているタイプもありますが、錆びやしなりなどの劣化は避けられません。
 
メンテナンスが可能なメーカーであれば、音鳴りが気になったり、その他に不具合を感じたりした場合には、すぐに症状を確認してもらうことも可能です。メーカー保証があるかどうかも購入前に確認するとよいでしょう。ソファはリビングインテリアの主役として愛着もわきますし、安い家具ではないので、長く愛用したいものですよね。メンテナンスが受けられるのは、購入時の安心感にも繋がります。

まとめ

ソファがギシギシと音鳴りする主な原因は、ソファの金属バネ・木枠の劣化によるものです。無理に負荷をかけたり、飛び跳ねたりすることで劣化は早まります。もし音鳴りがしたらソファの内部から出ている音なのか、ソファの脚が擦れてる音なのか、床自体が鳴っているのか調べて対処する必要があります。困ったときは購入した販売店またはメーカに相談してみましょう。
 
音鳴りしにくいソファ選びのポイントとして、クッション材に布バネ(ダイメトロール)を利用したソファをおすすめします。更にその他の原因を回避するためには、メンテナンスが受けられる国産メーカーから購入することも大切です。ギシギシと音鳴りのしにくいソファで、快適なソファ生活をおくりましょう。

Others
SITE CONTENT

お問い合わせ

個人のお客さまはもちろん、
法人さまからのご相談も受け付けております。

blocco ONLINE SHOP WEB購入をご希望の方は、
オンラインストアをご覧ください

オンラインストア

お問い合わせフォーム

お問い合わせ種別
お名前
フリガナ
メールアドレス
郵便番号
住所
ご検討中の商品
bloccoを
知ったきっかけ
お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

011-522-7212

総合受付/サッポロファクトリー店
10:00-20:00(12/31のみ休館)